よくある質問

キーワードから探す

※スペースで区切って複数検索が可能です。

カテゴリで絞り込む

よく検索されるキーワード

カテゴリから探す

抗がん剤治療は、給付金を請求することができますか?

抗がん剤治療特約を付加している場合で、責任開始期以後にがんと診断確定された場合に、そのがんの治療を直接の目的とした入院または通院をしたときに、治療給付金をお支払いします。
ただし、公的医療保険制度に基づく医科診療報酬点数表または歯科診療報酬点数表により、所定の抗がん剤にかかる薬剤料または処方せん料が算定される場合に限ります。
なお、お支払事由に該当した日が属する月ごとに保険証券記載の治療給付金額をお支払いします。ただし、治療給付金の支払月数は、この特約の保険期間中を通算して、60か月を限度とします。
詳しくは、「あんしんサポートブック」(3.お支払いできる・できない具体的事例-13頁「抗がん剤治療を受けられたとき」)をご確認ください。
<対象となる抗がん剤>
被保険者が診断確定されたがんの治療を目的として被保険者に投薬または処方された時点において厚生労働大臣の承認を受けている医薬品のうち、次の(1)または(2)のいずれかに該当する医薬品で、健保適用であることが条件です。
(1)以下①②のすべての条件を満たす医薬品
①厚生労働大臣による製造販売の承認時に、被保険者が診断確定されたがんの治療に対する効能または効果が認められたこと。
②世界保健機関の解剖治療化学分類法による医薬品分類のうち、L01(抗悪性腫瘍薬)、L02(内分泌療法)、L03(免疫賦活薬)、L04(免疫抑制薬)
(2)約款に記載のある医薬品 
※詳細は約款表記をご確認ください。
この内容は参考になりましたか?
ご回答いただきまして、ありがとうございます。
今後の参考にさせていただきます。
Powered by i-ask
Page Top